Loading…

Prevention予防・治療

Prevention予防・治療

・正しい歯磨きをしていますか?

歯科医院での予防ケアはとても大事です。ですが、最も重要なのは、ご自宅で行う歯磨きなどのセルフケアです。セルフケアがきちんとできていないと、むし歯や歯周病を予防できません。むし歯や歯周病のかかりやすさは、実は歯磨きの仕方も大きく関係しています。 実際、ほとんどの人が毎日歯磨きをしてはいますが、正しい方法でできているかというと、できていない方のほうがほとんどです。

毎日の歯磨きも間違った磨き方を続けていては、無駄になってしまいます。当院では、患者さまのお口の状態に合わせ、一人一人に最適な磨き方を丁寧に指導いたします。


・仕上げ磨きが大切です

お子さまはまだ自分自身でお口の中を綺麗に磨くことは難しいです。まだ小さいうちは親御さんが磨いてあげてください。その後、お子さま自身で磨き、仕上げ磨きを親御さんが行い、最終的にはお子さまだけでしっかりとした歯磨きができるようにしていただきます。小学校低学年までは親御さんの手で“仕上げ磨き”を行うようにしてください。


当院の予防治療

フッ素塗布

歯科医院で行うフッ素塗布とは、市販の歯磨き粉に含まれているものよりも、かなり高濃度なフッ素を使い、歯を強くする予防処置のことです。
フッ素を歯に塗ると、歯の表面からフッ素が取り込まれて結晶を作り、普通の歯よりも強くなるため、むし歯菌が酸を出しても溶けにくくなります。


フッ素の3つの働き

  • エナメル質の修復を促進
    むし歯はエナメル質に付着したプラーク(歯垢)の中でつくられた酸により始まります。歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進します。
  • 歯の質を強化
    歯の表面を覆うエナメル質を、修復したり、酸に溶けにくい性質に変え、むし歯への抵抗力を高めます。
  • 菌の働きを弱める
    むし歯を引き起こす細菌の働きを弱め、産生する能力を抑制してむし歯を予防します。

奥歯が生えてきたら、フッ素塗布をはじめましょう!

生えたばかりの歯は歯質が未成熟であるため、フッ素を塗布することで、最も効果的を得る事ができます。理論的にはフッ素塗布は早ければ早いほど効果があります。初めてのフッ素塗布の目安としては、奥歯が生えたころ、もしくは「2才になったころ」がフッ素のタイミングになります。


フッ素は安全なの?

フッ素はむし歯予防に高い作用があるとされる反面、人体に悪影響があるというような書き込みを見かけることがあります。よく勘違いされているのが、猛毒である元素記号「F」(フッ素)です。歯科治療で使用するものは、安全な化合物である「フッ化物」です。現在市場などで販売されているほとんどの歯磨剤には、フッ化物が添加されています。


表記をみて歯磨き粉を選んでみましょう

歯磨剤の成分表に「モノフロオロリン酸ナトリウム」「フッ化ナトリウム」と記載のあるものを選びましょう。フッ素はもともと自然界に存在する元素で、私たちの体の中にも存在しています。大切なのは正しく使用することです。 使用する際に不安に思われることや、疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

シーラント

シーラントとはむし歯の予防治療です。レジンを始めとしたプラスチック樹脂で、歯の隙間を埋めて、汚れがたまらないようにする治療です。特に奥歯は歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい場所。それを埋めてしまうことでそもそも汚れが溜まりにくくなり、むし歯を防ぐことにつながります。それに加えて、シーラントにはフッ素も含まれており、副次的に歯質の表面を強化する効果も見込めます。